宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>ホーム最終戦黒星 降格圏9位に転落

 第17節最終日は28日、仙台市のユアスタ仙台などで3試合が行われ、マイナビベガルタ仙台レディース(仙台)はノジマステラ神奈川相模原に0−2で敗れた。通算成績は3勝3分け11敗の勝ち点12、順位は一つ下げて降格圏の9位となった。
 仙台は前半35分に先制点を与えると、試合終了間際にも失点した。攻撃では相手を上回る12本のシュートを放ったが得点できなかった。
 2部はこの日、最終戦があった。1位の伊賀が勝ち点44で1部昇格し、ニッパツ横浜FCは勝ち点31の2位とし1部9位との入れ替え戦に回る。

◎ミスから2点失う

ノジマステラ神奈川相模原(30) 2 1−0 0 マイナビ仙台(12)
                   1−0
▽得点者【ノ】大野、南野
▽観衆 1546人

 仙台は再三の決定機を逃して無得点で敗れ、9位に後退。カウンターから前線の浜田、安本にボールを集めたが、シュートの精度を欠いた。守備ではミスから2点を失った。前半35分にクリアを拾った大野に決められて先制を許すと、後半ロスタイムにもパスミスから南野に追加点を奪われた。

<必ず残留決めたい/仙台・千葉泰伸監督の話>
 課題の点を決め切ることができず、苦しい展開になった。1週間で3試合と体力的に厳しく、ラインが間延びする時間があった。選手は頑張ったし、悲観していない。必ず残留を決めたい。


2018年10月29日月曜日


先頭に戻る