宮城のニュース

<宮城県高校サッカー>仙台育英が主導権握り快勝 決勝進出

 第97回全国高校サッカー選手権宮城県大会は28日、宮城県利府町の宮城スタジアムで準決勝が行われ、仙台育英と聖和学園が勝って決勝に進出した。仙台育英は後半15分に柳生が先制点を決めると、19分には結城のゴールで追加点を挙げ、利府を突き放した。聖和学園は、後半に油木の2ゴールなど計5点を奪い、仙台三を破った。決勝は11月3日正午から仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で行われる。

 ▽準決勝
仙台育英 2 前0−0 0 利府
       後2−0

 得点者【仙】柳生、結城

 【評】仙台育英が快勝。後半に入ってサイドに起点をつくって試合の主導権を握り、15分に左クロスを柳生が合わせて先制。19分には結城が右足で決めて追加点を奪った。利府はカウンターから好機をつくったが、生かせなかった。

◎狙い通りサイドに起点

 仙台育英は後半開始時に中盤の2選手を交代。「少し攻め急いでいたので、攻撃にためをつくりたかった」と城福監督。狙い通りにサイドに起点ができるようになった。
 先制点は15分、左クロスを柳生がゴール右隅に流し込んだ。「流れを変えてやろうと思っていた」と柳生。4分後にも結城が追加点を挙げて畳み掛けた。

<利府・芳賀主将(後半2失点し敗退)>「前半はセットプレーも防ぎ守り切ったが、後半は隙を突かれてしまった。最後まで集中力を切らさない相手が一枚上だった」


2018年10月29日月曜日


先頭に戻る