岩手のニュース

岩手山で初冠雪 平年と比べて15日遅く

 盛岡地方気象台は28日、岩手山(2038メートル)で初冠雪を観測したと発表した。気象台によると平年と比べて15日、昨年より23日遅い。東北では初めての冬の便りとなった。
 この日の盛岡市の最低気温は8.8度。前夜から雨が降っており、気温が低い標高の高い場所で雪になったとみられる。


関連ページ: 岩手 社会

2018年10月29日月曜日


先頭に戻る