福島のニュース

<福島知事選>福祉を優先 思い届かず 町田さん

厳しい表情で敗戦の弁を述べる町田さん=28日午後8時30分ごろ、福島市の事務所

 「当選に至らず、皆さんの期待に沿えなかった」。共産党福島県委員長の町田和史さん(42)は福島市南矢野目の党地区委員会の事務所で唇をかみしめた。
 市民団体と共に候補を擁立する立場から一転し、自ら候補者として県内を駆け巡った。選挙戦は一方的に政策を訴える個人演説会スタイルではなく、各地でタウンミーティングを重ねて住民の声に耳を傾けた。草の根型で政権批判や福祉優先の政策を訴えたが、浸透できなかった。
 町田さんは「県政の問題点について一定程度、県民に示せた」と話した。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年10月29日月曜日


先頭に戻る