宮城のニュース

<仙台銀>SBI証券子会社と共同店舗開設 11月中に金融商品販売開始

 仙台銀行は29日、ネット証券大手SBI証券の子会社「SBIマネープラザ」との共同店舗を、仙台市青葉区の本店内に11月19日に開設すると発表した。SBI証券との共同出店は、東北の金融機関では初めて。
 名称は「仙台銀行SBIマネープラザ」で両社員の4人体制でスタートする。仙台銀の営業店が把握した運用ニーズを基に、マネープラザの職員がSBI証券の扱う金融商品の提案や販売を行う。
 人口減少と低金利で経営環境が悪化する地方銀行は収益源の多様化が課題。仙台銀とSBI証券は4月、金融商品仲介業サービスの提供で提携し、仙台銀のホームページ経由でSBI証券の金融商品を購入できるようにしていた。
 仙台銀の担当者は「さらに証券との連携を強め、幅広い資産運用のニーズに応えたい」と話した。共同店舗は本店営業部の2階に設ける。営業時間は午前9時〜午後3時。


関連ページ: 宮城 経済

2018年10月30日火曜日


先頭に戻る