宮城のニュース

<楽天>戦力外の聖沢「当然の結果」 他球団で現役続行の道も模索

 走攻守三拍子そろった外野手として球団初のリーグ優勝、日本一に貢献した聖沢が戦力外になった。今季は自己最少の27試合出場に終わり「当然の結果だ。この成績なら自分が雇う側でも同じ判断をする」と覚悟していた様子だった。
 東北楽天での11年間のプロ野球生活については「盗塁王になり、日本一も経験できたのは想像以上の結果。悔しさより全力を出した達成感の方が強い」と語った。
 今後は未定だが、11月の12球団合同トライアウトの参加も含め他球団での現役続行の道も考えるという。


2018年10月30日火曜日


先頭に戻る