青森のニュース

<浅虫水族館>怪奇!消えた飼育員?

 ◇…ピラニア300匹が泳ぐ水槽の中に骸骨が−。青森市の浅虫水族館で、ハロウィーンに合わせたユニークな展示が来館者を楽しませている。31日まで。
 ◇…同館恒例の企画。水槽の一つを「飼育員がピラニアに食べられてしまった」という設定にして、模型を置いた。案内板には「担当飼育員を探しています」との文字が。
 ◇…「ピラニアは臆病な魚で人を襲うことはまれです」と飼育担当の奥泉あゆさん(22)。案内板の追記は「あぁ、彼は最近恋人ができたと言っていたのに…」。
(青森)


関連ページ: 青森 社会

2018年10月30日火曜日


先頭に戻る