岩手のニュース

<ブドウ栽培>花巻・大迫でじわり増加 栽培面積に復調の兆し

ワイン用ブドウの栽培に取り組む花巻市大迫町の新規就農者(左)

 ご当地ワインブームを背景に古くからブドウ栽培が盛んだった岩手県花巻市大迫町で、新規就農が増加の兆しを見せている。ブドウ農家の高齢化と後継者不足で栽培面積はピーク時の約3分の1にまで減少。市も地場産業の衰退に歯止めをかけようと懸命だ。
 農機販売のみちのくクボタ(花巻市)は昨年、ワイン用ブドウを栽培する農業法人「MKファームこぶし」を設立した。今年は1ヘクタールに苗木を植え、来年はさらに1ヘクタール広げる。将来的にワインの委託醸造を目指すという。
 堰根(せきね)慶さん(30)はMKファームで働く傍ら、個人でも16アールの畑でブドウを栽培する新規就農者だ。「社員として働きながら、自分でワインを造るという夢に近づきたい」と意気込む。
 小規模事業者でも酒類製造免許が取得できる構造改革特区「クラフトワイン・シードル特区」に市が名乗りを上げたこともあり、堰根さんのように自らワイン醸造を目指す新規就農者は、2017年までの5年間で10人となった。
 1958年には130ヘクタールで展開していた大迫町のブドウ栽培は徐々に減少し、2016年には47.6ヘクタールにまで落ち込んだ。
 こうした現状に危機感を抱いた市は、新規就農者の土地取得要件を最低50アールから10アールに引き下げる規制緩和を実施。栽培面積は17年から2年連続で微増に転じた。
 市は「花巻ワインは、さらなるニーズの掘り起こしが可能」(農政課)と見込んでおり、ワイン用ブドウの増産に一層力を入れる方針だ。


関連ページ: 岩手 経済

2018年10月30日火曜日


先頭に戻る