秋田のニュース

<ドラフト>秋田・明桜の山口「ホームランたくさん打ちたい」ロッテが指名あいさつ

ロッテの井口監督のサイン入り色紙を手に笑顔の山口(中央)。右は永野チーフスカウト、左は井辺東北担当スカウト

 ロッテからドラフト4位で指名された秋田・明桜高の山口航輝外野手(18)が30日、秋田市の同校で球団から指名のあいさつを受けた。山口は「自分の持ち味をプロの世界で出し切り、ホームランをたくさん打ちたい」と力強く決意を語った。
 永野吉成チーフスカウト、井辺康二・東北担当スカウトらが訪問。永野スカウトは「筋肉の質が良く、パワーがあり、脚力が素晴らしい。打者として評価した。ホームランバッターに育ち、チームの中軸を担ってほしい」と期待を寄せた。
 明桜高ではもともと投手として活躍。日本ハムに1位指名された秋田・金足農高の吉田輝星投手はライバルで、競い合ってきた。
 この夏の秋田大会も決勝で両校が激突し、明桜が敗北。山口は「プロではまず吉田と勝負して今度は勝ち、そして次のステージに進みたい」と、改めてライバル心を燃やした。


2018年10月31日水曜日


先頭に戻る