宮城のニュース

<ベガルタ>攻撃の立て直し急務 中央でのパス、打開策に

くさびのパスを通す練習に励む蜂須賀(左)。攻撃の改善に取り組んでいる。右は野津田=31日、仙台市泉サッカー場

 J1仙台がリーグ戦4試合勝ちなしと苦しんでいる。前節まで1分け3敗で順位を4位から9位に落とす間、得点はセットプレーとオウンゴールのみ。対策を講じられ、停滞感のある攻撃の立て直しが急がれる。
 図のように、強みのサイド攻撃を分析されているのが一因。サイドチェンジが武器のDF板倉がプレスで狙われ、センターバック(CB)経由で右ウイングバック(WB)のDF蜂須賀にパスが回ると、対面する相手に縦方向の進路をふさがれる。スピードを緩めた隙に横から別の選手に寄せられる場面もあり、無理な攻め上がりやバックパスが増える。
 WBに2人のマークが付く分、フリーの味方がいるはずだが、パスのテンポが悪いのが課題。時間を掛ける分、相手に守備陣形を整え直される。蜂須賀は「パスを受ける位置やタイミングが読まれている感じがする。こちらが進化しないといけない」と強調する。
 打開策の一つが中央での縦パス。「中に相手の意識を一度向けさせれば、サイドで時間ができ、その瞬間に攻め上がれる」とDF平岡。前節の鳥栖戦は2−3で敗れたが、MF椎橋らから相手守備陣へのくさびとなるパスが何本も出た。後方のパス回しのテンポを上げ、相手のスライドが遅れた瞬間に縦パスを入れる練習の成果は出てきている。
 中と外の攻撃のバランスは整理されつつある。あとはその先に、決定機に直結するアイデアやプレーの精度が欲しい。4バックの鳥栖に対してだけでなく、引いて守る相手や5バックを攻略する必要もある。
 渡辺監督は「くさびは改善の一つ。では、DFの背後は取れたか、ゴールは奪えたか。もっと数的優位をつくらなければならない」と一層の奮起を促す。次節から札幌、広島、鹿島と上位との対戦が続く。「上位に勝てばひっくり返せる。重圧を乗り越えないと、上には行けない」と監督。攻撃を再び上向かせ、反転攻勢に懸ける。(佐藤夏樹)


2018年11月01日木曜日


先頭に戻る