広域のニュース

<コメ作況指数>東北「平年並み」 登熟進まず下方修正

 東北農政局は31日、東北6県の2018年産水稲の作柄概況(10月15日現在)を発表した。東北の作況指数は前年同期と同じ99で、「平年並み」(99〜101)の見通しとなった。前回調査(9月15日現在)から2ポイント下がり、青森を除く5県で1〜3ポイント下方修正された。
 この時期の「平年並み」は2年連続。県別、地域別の作況指数は図の通り。秋田、山形は全域で「やや不良」(95〜98)の96。山形は前回調査で「平年並み」の99だったが、8月下旬以降の断続的な降雨と日照不足が影響し、登熟(もみの実入り)が「やや不良」となった。
 前回「やや良」(102〜105)だった岩手、宮城、福島3県も指数を下げ、「平年並み」の101となった。好天で生育は順調だったが、山形と同様、8月下旬以降に登熟が進まなかった。
 ふるい目幅別の重量分布は1.85ミリ以上が全体の95.8%。直近5年の平均値を1.2ポイント下回った。2ミリ以上は75.1%で平均値より7.8ポイント低く、粒が平年と比べ小さかった。
 県別の10アール当たり予想収量は青森が前年同期と同じ596キロ、岩手543キロ(前年同期比10キロ増)、宮城551キロ(16キロ増)、秋田560キロ(14キロ減)、山形580キロ(18キロ減)、福島561キロ(12キロ増)。
 主食用米の予想収穫量は194万7000トン。国の生産調整が18年産から廃止され、業務用米需要の高まりや米価の堅調な推移もあり、作付面積が増加。前年産に比べ6万5000トン増える見通し。県別は青森23万6000トン、岩手26万5000トン、宮城35万5400トン、秋田42万トン、山形32万7100トン、福島34万3300トン。


関連ページ: 広域 社会

2018年11月01日木曜日


先頭に戻る