宮城のニュース

光の並木街華やかに 仙台・泉でページェント

メインストリートを照らすページェント

 「SENDAI光のページェント」の関連イベント「SENDAI光のページェントin泉パークタウン」(実行委員会主催)が1日、仙台市泉区寺岡で始まった。発光ダイオード(LED)電球約10万個が街を彩り、見物客から歓声が上がった。来年3月末まで。
 「光の株分け企画」として2016年に始まり、今年が3回目。商業施設やホテルが並ぶメインストリート沿いのモミの木などにLED電球が飾られ、華やかな街並みを演出した。
 メインストリート沿いの仙台ロイヤルパークホテルは期間中、ガーデンなどに約400個のランタンを配置する。担当者は「イルミネーションの光とともにランタンの優しい明かりも楽しんでほしい」と話す。
 点灯時間は1月末までが午後4時半〜11時、2月1日以降は午後5〜11時。イルミネーションが一斉に消えて再点灯する「スターライト・ウインク」は毎日午後6、7、8時に行う。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月02日金曜日


先頭に戻る