宮城のニュース

バッグや反物、手工芸品多彩 宮城・仙南地域の作家5人、蔵王で4日まで展示販売

多様な手工芸作品が並ぶ5人展

 仙南地域の染織家ら5人の手工芸作品展が、宮城県蔵王町遠刈田温泉の別荘地「蔵王山水苑(えん)」内の「ひぐらしの館」で開かれている。4日まで。
 蔵王町の「草木染・とし子工房」で知り合った同町と白石市の染織家や柴田町の手工芸作家らが、布素材のバッグ、パッチワークの小物入れなど約500点を展示販売している。
 蔵王町の染織家大泉三保さんは、多様な糸と古布を組み合わせて風景や願いなどを表現した作品を展示。同町の草木染作家佐藤とし子さんらが地元産の果樹の枝や葉などを用いた「フルーツ染め」の反物、帯も紹介している。
 午前10時〜午後4時。入場無料。連絡先は大泉さん0224(34)4678。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月03日土曜日


先頭に戻る