宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>勝利は最低条件 あす残留懸け千葉と最終戦

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は3日、東京の味の素フィールド西が丘でリーグ戦最終節の千葉戦に臨む。午後1時開始予定。降格圏の9位にあえぐ中、逆転で残留を決めるために勝利は最低条件。不振を極める攻撃の立て直しが迫られる。
 総得点13とリーグ最少の仙台は3勝3分け11敗の勝ち点12。前節はノジマステラ神奈川相模原に0−2で敗れて8位から後退した。10月31日の仙台市のマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場での練習では、MF安本らが攻撃の連係を確認した。
 千葉は5勝8分け4敗の勝ち点23で6位。前節は新潟に0−1で敗れ、5戦連続で白星から遠のいている。リーグで3番目に少ない総失点15の堅守が持ち味。仙台は前回対戦、0−0で引き分けた。
 仙台は千葉に勝ち、勝ち点1差で8位の日体大フィールズ横浜が2位のINAC神戸に引き分け以下なら、8位に浮上して残留が決まる。仙台が敗れれば9位確定、2部2位のニッパツ横浜FCシーガルズとの入れ替え戦に回る。仙台が引き分け、日体大フィールズ横浜が負けると勝ち点で並ぶが、得失点差で7点上回る相手を抜くのは厳しい。


2018年11月02日金曜日


先頭に戻る