福島のニュース

<福島知事選>「質も量も」内堀氏意欲 当選証書交付

当選証書を受け取る内堀氏(右)

 福島県選管は1日、10月28日投開票の知事選で再選を果たした内堀雅雄氏(54)に当選証書を付与した。遠藤俊博委員長が福島市で手渡した。2期目の任期は12日から4年間。
 終了後の取材に、内堀氏は「県民の思いを自身の中心に据え県政運営に当たる。1期目以上にレベルや質が高く、量も多い仕事に取り組む」と強調。東京電力福島第1原発事故などからの復興・創生や人口減少対策を進める考えを示した。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年11月02日金曜日


先頭に戻る