宮城のニュース

「文化の秋」を楽しむ 絵手紙作りも体験 宮城・大和で町民文化祭

幅広い世代の住民が文化に親しんだ町民文化祭

 大和町文化協会や町などが主催する「第48回たいわ町民文化祭」が3日、町まほろばホールで始まった。4日まで。
 作品展示と芸能発表の2部構成で、計約80団体が参加。大輪の花を咲かせた菊やロマンチックな作風の人形、絵画、書道、手作り雑貨など多彩な出品作が並んだ。ステージでは和太鼓や舞踊、社交ダンス、コーラスなどが披露された。
 絵手紙作りを体験した吉岡小2年の根本雪明(ゆきや)君(7)は「うまくリンゴを描けて楽しかった」と話した。
 4日は文化祭と併せ「たいわ産業まつり 囲炉裏(いろり)祭」(実行委員会主催)が午前10時〜午後3時、まほろばホール南側広場で開かれる。会場で買った牛肉や野菜を焼いて食べられるいろりを設け、実りの秋と文化の秋を楽しんでもらう。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月04日日曜日


先頭に戻る