秋田のニュース

<金足農>自分自身をもっと眺めのいい場所に 創立90年祝い野球部OB長谷川さん講演

「諦めないこと、ワクワクすることが大切」と語り掛ける長谷川さん

 第100回全国高校野球選手権大会で準優勝に輝いた金足農(秋田)の創立90周年を祝う式典が2日、秋田市の同校であった。1984年夏の甲子園に初出場で4強に進出した金農ナインの主将を務めた長谷川寿さん(ホンダ野球部前監督)が記念講演。34年ぶりの快進撃で全国を沸かせた母校の後輩たちの未来に熱いエールを送った。
 長谷川さんは「自分を連れ出すんだ 眺めのいい場所へ」と題し、在校生、OBらが視線を注ぐ体育館のステージに立った。
 今年の野球部が「(84年の)ベスト4を超えてやる」と目標に掲げていると聞いていたことを紹介。
 「こういう意識の高まりがあったからこそ、感動と勇気をもたらす結果が出た。限界を感じたりするのは自分の心。意識を変えればピンチが成功につながるチャンスとなる」と語った。大阪桐蔭(大阪)と戦った決勝戦は「見たことのない見晴らしのいい光景だった」とし、「夢に向かって準備し、自分自身を眺めのいい場所に連れていってほしい」と呼び掛けた。


関連ページ: 秋田 社会

2018年11月03日土曜日


先頭に戻る