宮城のニュース

<特区保育園>現園長に反発、3人一斉退職 勤務意向確認でパワハラか

 仙台市が国家戦略特区を活用して整備した「中山とびのこ保育園」(青葉区)で、現園長の男性(41)が4月の就任前から職員の人事に関与し、反発した保育士3人が3月末で一斉退職したことが4日、分かった。いずれも受け入れがたい勤務条件を示されるなどし、雇用の契約期間を残して退職した。
 園と園運営の社会福祉法人「中山福祉会」では、昨年4月の開園から1年以内に全職員の約半数の12人が辞め、うち6人は前理事長の男性(71)=6月に解職=からのパワハラが一因だったことが判明している。法人では不明朗な会計処理や理事間の対立など混乱が生じており、運営主体としての適格性が問われそうだ。
 複数の関係者によると、前理事長は今年1月、職員に現園長を「4月からの園長」と紹介。その直後に現園長は職員との面談などを始め、1月下旬には新年度の勤務意思を尋ねる「意向確認書」を保育士らに配布した。
 保育士の女性(54)=3月末で退職=は雇用契約満了まで2年あり、勤務継続の意向を示したが、現園長に呼び出され「(園内清掃や草取りなどをする)環境整備員としてなら新年度も雇用できる」と言われた。女性は保育士での雇用継続を訴えたが拒否された。
 女性は「自分の保育士としての経歴を否定された気分で悔しかった。辞めさせ方はパワハラそのものだった」と振り返る。
 別の保育士の女性(37)=同=は現園長から「新年度に園長になる自分と、主任保育士になる妻を支えてくれるかどうかの問題だ」と迫られた。女性は「忠誠を誓う言質を取るかのようで不快だった」と話す。
 現園長は取材に「4月から休日保育の導入で勤務形態が変わるため意向を確認した。環境整備員(への異動)は就業規則上、問題ない。協力を仰いだだけでパワハラはしていない」と釈明した。
 園の運営を所管する市子供未来局運営支援課は「事実を把握していない」としている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月05日月曜日


先頭に戻る