宮城のニュース

<ベガルタ>ハモンロペス、PK失敗悔やむ「決めていれば違う流れに」

 ハモンロペスが同点機を逃した。1点を追う後半33分、ジャーメインがゴール前に進入して相手に倒されて得たPK。ゴール左側に狙い澄ましたキックをGK具聖潤に好セーブされた。「研究されたとは思わないが、GKの読みがすごかった。決めていれば違う流れになったと思う」と悔やむ。
 後半17分に途中出場。強烈なミドルシュートを放ってスタンドをどよめかせる場面もあったが、ゴールは遠かった。「練習でコンディションは良くなっている。残り3試合、多くの試合に出て勝ち点を積み上げたい」。途中加入で3季ぶりに復帰したストライカーは次こそチームに貢献を誓う。


2018年11月05日月曜日


先頭に戻る