宮城のニュース

<ベガルタ>連敗、5位遠くかすむ 後半ミスから失点

札幌に0−1と惜敗し、うなだれる仙台イレブン(小林一成撮影)

 仙台は札幌に多くの時間で押し込まれ、ミスから決勝点を献上した。2桁順位に転落し、目標の5位以内が遠くかすむ。
 後半29分。ゴール前でハイボールに対応した板倉のヘディングを三好にかすめ取られ、シュートを決められた。「クリアかパスか迷った。反省しないといけない」と悔やむ。
 とはいえ、いつゴールを割られてもおかしくなかった。前半、最終ラインに下がりビルドアップする札幌のボランチ兵藤をフリーにした。同じボランチの椎橋か矢島がマークに行くと、自陣に残った方の脇を突かれ対応に迷った。「本当は行ければ良かったが…」と椎橋。プレッシャーに行けず、相手の攻撃を安定させてしまった。
 後半はボランチ2人が前からプレスをかけるよう変えた。「曖昧になるなら、行った方がいい」(矢島)との判断は効果的に見えたが、相手が一枚上だった。今度は長身FWのジェイを目がけてロングボールでボランチ2人を飛び越され、こぼれ球を回収できなくなった。
 守備で後手に回り、最後まで札幌の攻撃の勢いを止められなかった。矢島は「守備の行き所がなかった。プレスの強度を改善しないと」と悔しがる。
 敗戦で5位まで勝ち点差は7に広がった。残りは3戦。後がなくなった。(佐藤夏樹)


2018年11月05日月曜日


先頭に戻る