岩手のニュース

炊飯器で手軽に甘酒造り「「こうじは日本食の基礎」 岩手・花巻で講習会

雑穀甘酒造りに挑戦する参加者

 岩手県産の雑穀とこうじを使った「雑穀甘酒」の造り方講習会が10月31日、岩手県花巻市内のカフェ「マーブル」であった。日本麹(こうじ)クリエイター協会東北代表の高橋久美子さん(41)が講師を務め、大麦やヒエに米こうじを加え、家庭用炊飯器などで手軽に造る方法を学んだ。
 通常は白米を使うが、でんぷんが少なく食物繊維の豊富な雑穀を材料にすると、甘さは控えめで腸内環境の改善効果が大きい甘酒ができるという。
 高橋さんは「こうじは日本食の基礎となる身近な食材。いろいろな調理法を知ってほしい」と話した。今後、こうじを使った化粧水やスープの作り方講習会も予定している。連絡先はマーブル0198(29)5512。


関連ページ: 岩手 社会

2018年11月05日月曜日


先頭に戻る