宮城のニュース

<岩沼市>埼玉・入間市と災害時応援協定

協定を結び握手する菊地市長(右)と田中市長

 東日本大震災のような広域災害に備え、圏域を越えた態勢を整えようと、岩沼市は5日、災害時に職員派遣や物資輸送などで協力し合う応援協定を、埼玉県入間市と結んだ。
 岩沼市役所であった締結式で、菊地啓夫市長は「一自治体だけでは無力だ。大規模な広域災害に、連携して手を打てるようにしたい」と強調。入間市の田中龍夫市長も「エリアの違う両市だから力になれると思う」と述べた。
 入間市は2013年度から5年間、職員計9人を岩沼市に派遣し、復興支援に当たってきた。
 岩沼市は入間市のほか、静岡県袋井市や高知県南国市など5市と同様の協定を締結している。


2018年11月06日火曜日


先頭に戻る