宮城のニュース

<宮城・美里町>全小中学校、幼稚園にエアコン 来夏までの設置・稼動目指す

 宮城県美里町は、町の全小中学校9校と幼稚園2園の普通教室などにエアコンを設置する方針を決めた。2019年夏までの設置、稼働を目指す。5日の町議会11月会議で、設計調査費2549万円を追加する18年度一般会計補正予算を可決した。
 対象は普通教室105室と特別教室56室、その他教室(食堂、多目的ホール)2室の計163室。18年度内に施工業者を決め、工事費を18年度一般会計補正予算に追加提案する。エアコンは新設し、総事業費は概算で約6〜7億円。
 11月会議は他に、同町駅東に建設を予定する保育施設の用地取得(9120万円)の1議案を可決し、休会。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年11月06日火曜日


先頭に戻る