山形のニュース

<楽天>山形中央高の佐藤投手「ファンと元気共有」ドラフト5位指名あいさつ

長島部長(左)、宮越スカウト(右)と手を重ねて笑顔を見せる佐藤

 東北楽天の長島哲郎スカウト部長と宮越徹スカウトは5日、山形市の山形中央高を訪れ、ドラフト5位で指名した佐藤智輝投手(18)にあいさつした。
 長島部長は「チームに10代の左腕がいない。可能性にかけてみたいと考えた」と指名理由を説明。佐藤は「東北のファンの皆さまと元気や感動を共有できるように頑張りたい。日本一のピッチャーを目指して頑張りたい」と決意を語った。
 宮越スカウトは「東北の高校生なので、彼が活躍すれば東北全体が盛り上がる」と話し、石井一久GMが指名前に「高校生左腕では佐藤が1番」と話していたことを明かした。
 佐藤は184センチ、82キロ。最速144キロの直球と多彩な変化球が武器の左腕。東北楽天は19日、山形市内で入団交渉を行う予定。


2018年11月06日火曜日


先頭に戻る