宮城のニュース

<楽天>「地元で野球うれしい」 巨人から移籍の橋本が入団会見

入団会見で、平石監督(右)と握手を交わす橋本

 東北楽天が巨人から金銭トレードで獲得した橋本到外野手(28)=172センチ、78キロ、右投げ左打ち、仙台育英高出=の入団記者会見が5日、仙台市の楽天生命パーク宮城であった。仙台市出身の橋本は「いつかは地元に戻って野球がしたいという思いがあった。実現してうれしい」と喜びを語った。
 走攻守そろった外野手として、2009年にドラフト4位で巨人入団。14年は103試合に出場したが、今季はけがに悩まされ1軍出場がなかった。「巨人での10年間は悔しい思いばかりだった。手にすることができなかったレギュラーの座をつかめるように頑張りたい」と決意を述べた。
 会見に同席した平石監督は「選手としては脂の乗ったいい時期を迎えている。能力の高さは分かっているので、本気でレギュラーを取りに来てほしい」と期待した。


2018年11月06日火曜日


先頭に戻る