宮城のニュース

<国道4号>宮城・蔵王町内の4車線化が完了 18日開通

 東北地方整備局仙台河川国道事務所は5日、宮城県蔵王町内で進めていた国道4号の4車線化工事が完了し、18日に開通する見込みになったと発表した。同県白石市中心部−仙台市間唯一の2車線区間が解消される。
 開通するのは同町宮地区の0.8キロ。今回の開通で、同地区と大河原町金ケ瀬地区間で2009年9月に始まった金ケ瀬拡幅事業(3.7キロ)は完了する。事業費は約84億円。
 村井嘉浩知事は「交通混雑の緩和や県南地域の活性化などに大きく寄与すると期待している」との談話を出した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月06日火曜日


先頭に戻る