宮城のニュース

<長沼花火フォトコンテスト>最高賞・特選に登米の磯田さん

特選の「引き立て役」

 登米市迫町の長沼で8月に開かれた「ふるさと花火in長沼」を主催した実行委員会は「第21回長沼花火フォトコンテスト」の審査結果を発表した。最高賞の特選は、磯田富穂さん(登米市)の「引き立て役」が選ばれた。
 同市や石巻市、一関市などから9人計21点の応募があり、構図や独創性などの観点で審査した。準特選は菊池永さん(東松島市)の「光の絆 ナイアガラ」、入選は渡辺興次さん(同)の「典雅」と菅原和弘さん(栗原市)の「彩火」に決まった。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年11月07日水曜日


先頭に戻る