青森のニュース

<差別的ツイート>青森市議当選の山崎氏が謝罪会見 匿名アカウントで複数回投稿

 10月28日投開票の青森市議選で初当選した無所属の山崎翔一氏(28)が5日、ツイッターへの差別的な書き込みについて青森県庁で記者会見した。「不適切な発言で多数の人に不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪した上で、市議として活動していく考えを示した。
 山崎氏は8月下旬から10月下旬にかけて、匿名アカウントで「片腕落として障害者雇用」や「年金暮らしジジイを舐(な)めすぎ」といった投稿を複数回行った。
 ツイッター上での友人のコメントへの返信などの際に書き込んだとして、「軽率だったが、深く考えた内容の投稿ではなかった」と釈明した。匿名アカウントは友人との交流などを目的に使った。アカウントの閉鎖は今後検討するとしている。
 山崎氏は進退について「職務を全うし、傷つけた人や市民に報いていきたい」と強調した。山崎氏を含む今回の市議選当選者の任期は11月26日から4年間。


関連ページ: 青森 社会

2018年11月06日火曜日


先頭に戻る