福島のニュース

<ソフトバンク>走攻守の上達法伝授 元プロ野球選手、福島・相馬の中学で指導

打撃指導を受ける中村二中の野球部員

 ソフトバンクは3日、福島県相馬市の中村二中で、ホークスに在籍した元プロ野球選手が野球部の生徒を指導する「一日コーチ就任イベント」を実施した。捕手として活躍した田口昌徳さんら3人が走攻守の手本を示した。
 東日本大震災からの復興支援のため8月にあった「SoftBank東北絆CUP」野球大会で中村二中が優勝したことへの特典。野球部10人が参加した。
 東北楽天でコーチ経験もある田口さんは、今年の日本シリーズで次々と盗塁を阻止したソフトバンクの甲斐拓也捕手のステップを伝授。1年の原田優日さん(13)は「キャッチングでグラブや親指の使い方を教わった。うまくできて面白かった」と喜んだ。
 生徒たちは野手だった出口雄大さんから打撃のこつを習得し、投手の東方伸友さんがマウンドから投げる球を打った。


関連ページ: 福島 スポーツ

2018年11月06日火曜日


先頭に戻る