宮城のニュース

<宮城オルレ開設1ヵ月>仙台圏からの距離で明暗 気仙沼と東松島

開設初日に「奥松島コース」を歩く人たち。1カ月間で仙台市からの参加が最も多かった=10月8日、宮城県東松島市宮戸

 宮城県気仙沼市と東松島市にそれぞれ10月7、8日にオープンした韓国版トレッキング「宮城オルレ」コースが明暗を分けている。開設から1カ月となり、初日を除くと「気仙沼・唐桑コース」の利用者数は「奥松島コース」を大幅に下回った。いずれも海沿いでコース距離(約10キロ)も同じだが、仙台圏からの距離が影響したとみられる。

◎「気仙沼・唐桑」初日除き258人誘客や広報市など強化

 気仙沼市の菅原茂市長は6日の定例記者会見で、コースのスタート地点となる「唐桑半島ビジターセンター」で署名した利用者数を発表した。
 オープン当日(約500人)を除いた利用者は5日現在で258人。内訳は県内237人、県外16人、海外5人(韓国4人、英国1人)だった。
 市によると、仙台市中心部からスタート地点までは車で約2時間45分かかる。「地元住民の利用が多い」(市観光課)のが現状だという。
 市や唐桑町観光協会は今後、誘客イベントなどを積極的に展開する方針。
 菅原市長は「利用者が多いか少ないか、現時点では判断できない。市内外、国内外に向けて広報活動を続けていきたい」と巻き返しを誓う。

◎東松島「奥松島」は推計2200人通年観光を市長が期待

 東松島市の渥美巌市長は6日の定例記者会見で、奥松島コースの利用者が約2200人に上ったと発表した。
 発着点の復興再生多目的施設「あおみな」に設けた来訪者名簿の記入者数とパンフレットの配布状況から推計した。記入者の内訳は仙台市が30%で最も多く、松島町13%、気仙沼市7%、東松島市7%など。北海道や奈良県など県外は2%、国外は韓国の2%だった。
 「コースが分かりづらい」などの指摘があり、市は目印となるリボンや矢印の設置場所を一部見直す。あおみなの食堂は金、土、日曜の営業で、平日利用者へのサービスも課題という。
 渥美市長は「今後はオルレによる通年観光が可能になる。健康づくりにも適しており、大いに期待したい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月07日水曜日


先頭に戻る