宮城のニュース

シニアモデル、観客魅了 仙台でファッションショー

華やかに着飾り、ランウエーを歩くシニアモデル

 仙台市のシニア向けウオーキング教室「うきうきライフ」の受講生らによるファッションショーが6日、青葉区のせんだいメディアテークで開かれた。60〜70代を中心とする約40人が出演し、華やかなステージで観客を魅了した。
 出演者らは「カジュアル」「お気に入り」などのテーマごとに、愛用のドレスや色鮮やかな和服姿で登場。一人一人の近況や衣装にまつわる思い出なども紹介され、来場者約230人が熱い拍手を送った。
 うきうきライフは、シニア世代が明るく生きるきっかけをつくろうと、仙台市在住のモデル金沢キミ子さん(79)が2007年に設立。08年から毎年、ショーを開催してきた。
 金沢さんは「年齢を重ねると体の不調も出てくるが、背筋を伸ばしてステージに立つことは気持ちの張り合いになる。シニアならではの魅力を大切に、今後も活動したい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年11月09日金曜日


先頭に戻る