宮城のニュース

<AKB佐藤朱>「だて正夢」のおにぎり屋さん一日店長 表参道に限定オープン

期間限定のおにぎり店で一日店長を務めた佐藤さん

 本格販売が始まった宮城県産ブランド米「だて正夢」のおにぎりを販売する期間限定店が8日、東京・表参道にオープンした。宮城県出身でアイドルグループ「AKB48」メンバーの佐藤朱(あかり)さん(22)が一日店長を務め、宮城米の「新メンバー」を駆け付けたファンに売り込んだ。
 県が設置した店舗は「みやぎのおにぎり屋さん」。だて正夢と玄米食専用品種「金のいぶき」のおにぎりを25日まで販売する。
 具材は仙台牛のしぐれ煮、蔵王クリームチーズとめんたいこなど8種類。いずれも県産食材を使う。1個250〜300円。営業時間は午前10時〜午後6時。
 おにぎりを食べた佐藤さんは「だて正夢は冷めてもおいしく、おにぎりに合う。金のいぶきはプチプチした感じが食べやすく、健康志向の消費者に薦めたい」とアピールした。
 村井嘉浩知事は「だて正夢はもちもちして若い人が好む食味。若者が集まる表参道でPRしようと考えた」と期間限定店の狙いを説明した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月09日金曜日


先頭に戻る