宮城のニュース

180度広々、バスで5G体感 NTTドコモが仙台で公開

180度に広がるスクリーンで高画質映像を体験できる5Gデモバスの車内

 NTTドコモは9日、第5世代移動通信システム(5G)で実現する映像コンテンツを車内で体験できる「5Gデモバス」を、仙台市青葉区のホテルで企業関係者らに公開した。
 デモバスは16トントラックを改造して開発し、今年4月に本格運用を開始。車内に正面と左右に180度広がる縦1.7メートル、横10メートルのスクリーンを備え、5Gで伝送した高画質映像を視聴できる。
 初めて東北入りしたデモバスは、東京スカイツリーから撮影した街並みや沖縄の砂浜の映像を披露。ラグビーの試合映像ではスタジアム全体を映し出し、会場にいるかのような感覚を味わってもらった。
 5Gは来年から一部で実用化が始まり、2020年に商用化される。担当者は「5Gならではの使い方を見つけるため企業や自治体と協力したい。まずは5Gの世界に触れてほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2018年11月10日土曜日


先頭に戻る