宮城のニュース

<楽天>平石監督「どうなりたいか常にイメージを」選手のレベルアップ期待

平石洋介

 1軍指揮官として臨む初の秋季キャンプで平石監督は野手陣の動きをじっくり見守った。「まだまだミスが多いが、選手の練習に取り組む姿勢は良くなっている。自分の言いたいことを各コーチも言ってくれている」と初日を振り返った。
 今キャンプは個々のレベルアップをテーマに据える。特にチームの課題となっている得点力不足の解消に向け、野手陣には「バッティングデー」を設け、徹底的に振り込みしっかりとしたスイングを身に付けさせる方針だ。
 岡島を捕手に再転向させ、銀次には三塁を守らせるなど現有戦力の底上げにも力を入れる。「選手は自分がどうなりたいか常にイメージしてほしい。イメージできれば、練習の意識が変わりレベルアップにつながる」と期待した。


2018年11月10日土曜日


先頭に戻る