青森のニュース

<青森県民手帳>限定版「こぎん刺し」模様、早くも売り切れ 豊富なカラーも好評

限定版を含め7色で発売された青森県民手帳

 青森県民手帳の2019年版が10月25日に発売された。津軽地方の伝統工芸「こぎん刺し」の模様をカバーにプリントした限定版が売り切れ状態になるなど、好調な売れ行きだ。
 県民手帳は県統計協会が毎年発行。週間予定表には、その日の過去5年間の天気と最高、最低気温の平年値を掲載。月間表で旬の魚介類や野菜が分かるように工夫されている。付属の「ふるさと便利帳」には、文化施設や相談窓口の一覧、県内の行事などの生活情報がまとめられている。
 19年版では新たに、月間表の下に津軽と南部地方の方言を盛り込んだり、リンゴの品種や主な温泉を紹介したりしている。計13の市や町のそれぞれの沿革を掲載しキャラクターなどをあしらった限定版もある。
 都内の店舗やインターネットで全国41県の県民手帳を扱う生活雑貨販売のロフトの売り上げ数ランキングでは、青森県は15年版と16年版がトップ、17、18年版が2位と好調な販売が続いている。
 人気の理由は、他県にはない豊富なカラーバリエーションだという。18年版は「さばブルー」「まぐろブラック」「りんごレッド」「だけきみイエロー」「けまめグリーン」といった県産農水産物にちなんだユニークな色名を付け5色を販売。19年版では「ももピンク」と1000冊限定のこぎん刺し版を加え、18年版より1000冊多い計2万5000冊を作製した。
 手帳を編集した県統計分析課の担当者は「男性が買うことが多いので、19年版は女性をターゲットにした」と話す。手帳は税込み1冊500円(こぎん刺し版は700円)で、県内の書店やコンビニ、スーパー、都内や大阪のアンテナショップなどで販売している。


関連ページ: 青森 社会

2018年11月10日土曜日


先頭に戻る