宮城のニュース

「拉致問題へ関心深めて」仙台でフォーラム、増元さん訴え

拉致問題の解決策などを話す増元さん(中央)

 北朝鮮による日本人拉致問題を考えるフォーラムが10日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークであり、約100人が聴講した。
 拉致被害者家族連絡会(東京)元事務局長の増元照明さんや、「北朝鮮に拉致された全ての人を救出する宮城の会」(救う会宮城)の安藤哲夫会長らによる対談が行われた。
 拉致問題解決の方策について、増元さんは「日本人の多くが拉致問題に関心を持っていることを北朝鮮に認識させ続けていくことが大事だ」と訴えた。
 地村保志さん、富貴恵さん夫妻が拉致された福井県小浜市を舞台に当時の状況を再現し、拉致事件の真相に追った映画「ドキュメント 拉致」(朴信浩監督)の上映もあった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月11日日曜日


先頭に戻る