宮城のニュース

<楽天>秋季キャンプ、平石監督が打撃投手に

 野手陣のキャンプは10日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムであり、午前中に打撃や守備、走塁の通常メニューに取り組んだ。午後からは打撃練習に特化した「バッティングデー」を初めて実施し、各選手が懸命にバットを振り込んだ。
 銀次、オコエらを相手に打撃投手を務めた平石監督は「(10月からの)仙台での秋季練習から疲れのある中で、選手はある程度、バットを振れるようになっている」と語った。バッティングデーは17日までのキャンプ期間中、あと3回行う予定。


2018年11月11日日曜日


先頭に戻る