宮城のニュース

リードなしの犬、女性をかむ 出頭応じなかった飼い主を逮捕「1年前のこと、覚えていない」

 飼い犬をリードにつながずに散歩させたとして、仙台東署は13日、宮城県動物愛護管理条例(係留義務)違反の疑いで、仙台市宮城野区安養寺1丁目、無職今原友宏容疑者(34)を逮捕した。係留義務違反容疑での逮捕は県内で初めて。
 逮捕容疑は2017年11月25日午前0時半ごろ、自宅近くの路上で、飼っていたコーギー犬2匹を係留しなかった疑い。
 同署によると、うち1匹が宮城野区の20代女性の脚をかんで軽傷を負わせ、女性が後日、同署に「(容疑者が)リードを付けずに何度も散歩している」などと相談して発覚。同署は当初、任意捜査の方針だったが、出頭要請に容疑者が応じなかったため逮捕に踏み切った。
 同署によると、容疑者は「1年前のことなので覚えていない」と否認している。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月14日水曜日


先頭に戻る