宮城のニュース

宮城の朝ひんやり この秋一番の冷え込み、4地点で氷点下

 宮城県内は14日、高気圧に覆われて澄んだ青空が広がった。放射冷却現象の影響で、4地点で氷点下を観測するなど、この秋一番の冷え込んだ朝を迎えた。
 仙台管区気象台によると、各地の最低気温は栗原市駒ノ湯が氷点下1.5度、同市築館、大崎市川渡、仙台市新川がいずれも同0.1度。仙台は5.6度だった。県内の22観測地点のうち14カ所で今季の最低気温を記録した。
 県内は15日も高気圧に覆われるため、朝の冷え込みが厳しくなる見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月14日水曜日


先頭に戻る