宮城のニュース

<いちおし土産>不思議な食感13種類 ムッシュ・マスノ アルパジョン(石巻市など)の「とろけるクッキー」

不思議な食感を味わえるクッキー

 しっとりした生地が口の中でとろける。不思議な味わい。名はクッキーでも食感はチョコレートに近い。
 それもそのはず。生地の半分以上はベルギー産のチョコレート。焼き時間を抑え、他にはない食感を実現させた。
 フレーバーは13種類あり、抹茶やミルクチョコは定番だ。100%果汁を使い、自家製チップを混ぜたスイートオレンジやストロベリー、マンゴーは豊かな香りと酸味を楽しめる。
 クッキーは、アルパジョンの看板商品「クマの手シューラスク」より歴史が長く、2020年で25周年になる。今月30日から4日間は全店で「感謝祭」があり、クッキー1年分が当たる抽選会を開く予定だ。
 アルパジョンを運営する益野製菓(石巻市)販売統括責任者の太田香織さんは「贈り物にもぴったり。好みの味を見つけてほしい」と話す。

[メモ]1袋(2個)113円。箱は6、10、20袋入りの3種類で、今月末にパッケージを一新する予定。石巻、名取、仙台各市と大河原町の全6店とウェブサイトで購入できる。営業時間は各店舗で異なる。連絡先は仙台泉本店022(776)7727。


関連ページ: 宮城 経済

2018年11月15日木曜日


先頭に戻る