宮城のニュース

天守閣バックに高校生バンド躍動 白石で野外フェス

熱いステージを見せる高校生バンド

 白石市や仙台市の高校生バンドが集まる野外ロックフェスティバル「白石大合戦 しらいしじゃねえ 『しろいし』だ」が4日、白石市の白石城本丸広場で開かれた。白石市の白石高と白石工高の生徒15人でつくる実行委員会が初めて企画した。
 両校や宮城一高、尚絅学院高のバンド、仙台や白石にゆかりのあるミュージシャンら10組が、天守閣をバックにした特設ステージでカバー曲やオリジナル曲を熱演。参加校の教職員によるバンドが開幕を飾り、会場を盛り上げた。
 出演したバンドは「野外ライブは初めてで貴重な体験をした」「大きな城の前で最高の気分で演奏できた」などと感想を述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月16日金曜日


先頭に戻る