秋田のニュース

<ロッテ4位山口>入団合意「ホームランを打てる打者に」

ロッテのユニホームに袖を通し、ガッツポーズで意気込む山口(中央)。左は永野チーフスカウト、右は井辺康二東北担当スカウト

 ロッテからドラフト4位指名された秋田・明桜高の山口航輝外野手(18)=182センチ、85キロ、右投げ右打ち=が14日、秋田市内のホテルで球団と入団交渉し、契約金4000万円、年俸560万円で契約した。山口は「プロに入るという実感が湧いてきた。ホームランを打てる打者になりたい」と抱負を語った。
 山口は高校生離れしたパワーがあり、広角に打てる。入団1年目の目標に本塁打30本を掲げ、「自分の持ち味を生かしてチームのために頑張りたい」と力を込めた。
 永野吉成チーフスカウトは「スイング力とパワー、脚力を評価した。投手もやりたいとのことだが、まず打者としてチャレンジしてほしい」と期待した。
 交渉に同席した父の義和さん(48)は「プロでも長く野球を続けられる選手になってほしい」とエールを送った。(金額は推定)


2018年11月15日木曜日


先頭に戻る