広域のニュース

「カルビー」「サッポロ」「テーブルマーク」「ヨークベニマル」4社の意外な共通点とは?

共同イベントで試食販売するポテトチップスの新商品

 カルビー、サッポロビール、冷凍食品大手テーブルマーク(いずれも東京)とヨークベニマルは18日、郡山市で共同イベントを実施する。各社の社長が福島県出身者で、東日本大震災などからの復興や地域振興を願って企画した。

◎18日に復興応援イベント、テーマは「ビールに合う」

 当日午前10時から、同市のヨークベニマル横塚店で行う。サッポロビールが監修したカルビーのポテトチップスの新商品、福島県石川町の工場で製造したテーブルマークの冷凍お好み焼きなどが試食できる。
 初の企画で「ビールに合う」がテーマ。カルビーの担当者は「4社が力を合わせ、福島を盛り上げたい」と意気込む。
 各社の社長はカルビーが伊藤秀二氏(福島市出身)サッポロビールが高島英也氏(伊達市出身)テーブルマークが川股篤博氏、ヨークベニマルが真船幸夫氏(ともに郡山市出身)。
 カルビーの新商品は「ポテトチップス 粗挽(あらび)きマスタードソーセージ風味」(55グラム、105円)。東北のヨークベニマルとイトーヨーカドーで19日から、10万袋限定で販売する。


関連ページ: 広域 経済

2018年11月15日木曜日


先頭に戻る