広域のニュース

<ILC>「事実誤認多い、見直しを」地元関係者、学術会議の慎重姿勢にいら立ちあらわ

 超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の計画に厳しい姿勢を示した日本学術会議検討委員会の回答案に対し、建設候補地の北上山地を抱える岩手、宮城両県の関係者は14日、「事実誤認が多い。見直してもらうしかない」といら立ちをあらわにした。

 回答案は、ILCが素粒子物理学界で優先すべき研究課題かどうか合意形成ができていないと指摘。予算、人材確保も不確定要素が大きいと否定的な意見を並べた。学術界全体の理解を得るため、科学者コミュニティーとの対話が不足しているとも言及した。
 達増拓也岩手県知事は「大変意外な案だ。関係者から多くの反論が寄せられるのではないか」と強調。建設候補地として「科学者コミュニティーと多くの情報共有や対話を重ねてきていると考える」と反発した。
 村井嘉浩宮城県知事も「総じて厳しい所見。国にもたらす効果や意義を踏まえて前向きな判断をしてほしい」とコメントした。
 厳しい回答案となった背景に、国の予算が縮小する中で学者が研究費を奪い合っている現状が影響しているとの見方もある。
 東北ILC推進協議会の高橋宏明代表と岩手県推進協の谷村邦久会長は「ネガティブな面を強調する議論が行われ、新たな科学技術の可能性を狭める」と懸念し、「地域はILCに理解を深め、その実現を待ち望んでいる」と訴えた。
 東北ILC準備室長の鈴木厚人岩手県立大学長は「事実誤認が多く、ILCの意義を認めた素粒子物理学界の意見も反映されていない。近いうちに追加説明の場を設け、事実を反映させたい」と述べた。


2018年11月15日木曜日


先頭に戻る