宮城のニュース

<愛でよう観賞魚>金魚編(2)ろ過フィルター 無害な生活環境を確保

物理ろ過と生物ろ過、双方の機能を備えた上部式ろ過フィルター

 今回はろ過フィルターの役割をお話しします。まず、魚を飼育する水を適切にろ過するには、物理ろ過と生物ろ過の二つの過程が必要となります。
 物理ろ過とは、スポンジや綿状のウールマットなどで大きなごみをこし取って除去する方式で、全てのろ過フィルターに備わっている基本的な能力です。
 生物ろ過は、微生物(バクテリア)の働きで水を浄化します。水生生物が汚した成分は水の中に溶け込み、やがて有害な成分に変化していきます。濃度が高くなるにつれて水が濁り、毒性が増して生物は変調を来し、死に至ります。
 この厄介な有害成分を、バクテリアが自身の生命活動に利用しながら無害な成分へと変化させていきます。水槽内の環境を適切に管理する上で、このバクテリアの働きによる生物ろ過こそが、とても重要なのです。
 バクテリアをたくさん確保するためには「ろ過材」が必要になります。簡単に言えばバクテリアたちが住み込むマンションですね。これをフィルター内にセットしておくことで常に浄化作用が働き、水生生物は安心して暮らせるのです。
 バクテリアは最初からたくさんいるわけではなく、水槽内で少しずつ増殖していきます。培養されたバクテリアが市販されているので、それを使うといいでしょう。
 現在販売されているろ過フィルターには幾つかのタイプがあります。お薦めは、物理ろ過と生物ろ過を兼ね備え、取り扱いが簡単で浄化能力の高い「上部式フィルター」です。
 水槽の幅と同じサイズの細長い箱の形で、その名の通り水槽の上に載せて使用します。付属のポンプで、水槽の水を上部のフィルターケース内に送り込み、汚れを取り除いてまた水槽へ戻すという循環を繰り返します。
 しっかりとしたフィルターを使用することで安定した環境ができるので、金魚たちも伸び伸びと生活することができるでしょう。次回は金魚の飼育環境についてお話ししたいと思います。
(観賞魚専門店経営・朝比奈理一)


2018年11月16日金曜日


先頭に戻る