宮城のニュース

<楽天>亡き母にささぐ15勝を 美馬、来季復活へ順調 右肘手術から投球練習再開

右肘手術からの再起を期す美馬=楽天生命パーク宮城

 美馬が来季の復活を目指す。今季は開幕から不調が続き、8月に戦線離脱。右肘手術を余儀なくされたものの、投球練習を再開するまでに順調な回復ぶりを見せている。「2月のキャンプは1軍に参加したい」と見通しは明るそうだ。

 手術後は主に筋力強化などに努めてきた。仙台市の楽天生命パーク宮城で投手陣の秋季キャンプに参加した11日、初めてブルペン投球をした。捕手を立たせて直球主体に33球。「マウンドの傾斜で投げるのは久しぶりだったが、ボールはまあまあ」と感触を語る。引き続きブルペン投球を続ける予定だ。
 「シーズン途中でも早めに手術を受けて来年に向けて準備した方がいい」という決断が奏功しつつある。右肘にメスを入れたのは高校時代に肘の靱帯(じんたい)を再建するトミー・ジョン手術を受けてから通算6度目。今回受けたクリーニング手術は2011年のプロ入り後、12年オフ、15年オフに続く3度目で不安はなかった。
 実際に再起の年は活躍してきた。13年はレギュラーシーズンこそ6勝にとどまったが、日本シリーズで2勝して最高殊勲選手(MVP)に輝いた。16年も当時の自己最多9勝を挙げた。
 昨季は自身初の2桁勝利となる11勝を挙げながら今季は2勝に終わり、チームが最下位に沈んだ責任を感じている。「まずは来年の開幕で先発陣に入る」。そう力を込めるのには個人的な理由もある。
 昨季終了後、がんで闘病中だった母明美さんを元気づけたい気持ちで、母の誕生日(1月5日)にちなみ背番号を15に変えた。明美さんは12月8日に61歳で人生に幕を閉じた。「母に15勝をささげたい」と誓った18年の目標は果たせなかった。
 来年オフには明美さんの三回忌がある。美馬は「来季こそいい報告をしたい」と心に決めている。(金野正之)


2018年11月16日金曜日


先頭に戻る