岩手のニュース

<トヨタ東日本>世界と戦うヴィッツ発進 岩手工場の生産ライン公開

トヨタ自動車東日本岩手工場で製造されているヴィッツと生産ライン=15日午後、岩手県金ケ崎町

 トヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)は15日、岩手工場(岩手県金ケ崎町)で10月に製造を始めた主力小型車「ヴィッツ」の生産ラインを河北新報社に公開した。
 世界の自動車市場の中で最も競争が激しい小型車の生産を、トヨタはトヨタ東日本に集約して効率化を図っている。ヴィッツは豊田自動織機長草工場(愛知県大府市)から移管された。
 岩手工場は小型ハイブリッド車(HV)「アクア」、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C−HR」を加えた3車種生産体制となり、年間生産数は計30万台を超えるとみられる。


関連ページ: 岩手 経済

2018年11月16日金曜日


先頭に戻る