宮城のニュース

<国分町>客引きリーダーらに罰金命令 仙台簡裁

 仙台市青葉区国分町の客引きを束ねる「沖縄グループ」による宮城県迷惑防止条例違反事件で、仙台区検は16日、同条例違反の罪で、飲食店経営で客引きグループの知念洋文リーダー(36)=仙台市青葉区上杉1丁目=、無職伊盛瑠希メンバー(25)=青葉区支倉町=の2人を略式起訴し、仙台簡裁は同日、知念リーダーに罰金50万円、伊盛メンバーに罰金30万円の略式命令を出した。
 仙台地検は2人と共に逮捕、送検されたメンバーの無職男性(20)=太白区=を不起訴とした。
 地検によると、2人は共謀して2017年10月3日午後10時45分ごろ、青葉区国分町2丁目で20代の男に「キャバ(クラ)とかどうですか」と声を掛けさせた。知念リーダーは今年9月下旬にも別の20代男に客引きさせたとして10月に逮捕、送検されたが、今月16日に不起訴となった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月17日土曜日


先頭に戻る