宮城のニュース

<B2仙台>きょうからアウェー広島戦

 バスケットボール男子、B2仙台は17、18の両日、広島県福山市の福山ローズアリーナで西地区1位の広島と対戦する。16日は仙台市青葉区の仙台大明仙バスケ・ラボで約1時間半、フォーメーションの確認に重点を置いて練習した。左脚のけがで戦列を離れていた泉が復帰した一方で、10日の奈良戦で右足首を痛めた月野は別メニューで調整した。
 広島は岡本やトレイラーを中心とした展開の速いバスケを得意とする。スチールからの得点も多い。桶谷監督は「相手を走らせないよう、攻撃の終わり方に気を付ける」と話した。


2018年11月17日土曜日


先頭に戻る