宮城のニュース

<ベガルタ>シュミット、代表デビュー

日本―ベネズエラ 前半、CKをクリアするGKシュミット(右)

 26歳のGKシュミットがベネズエラ戦に先発し、代表デビューを果たした。クロスやロングボールを無難に処理し、キックで攻撃の起点にもなった。PKで失点したが「あまりゴールを守る機会はなかった。それ以外は落ち着いてできる部分が多かった」と冷静に自己評価した。
 身長197センチの大器は、森保監督就任後は一貫して招集されている。「PKを止めたらヒーローだったと思うが、また次にチャンスが来たときにしっかりゼロに抑えられるように練習したい」と先を見据えた。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2018年11月17日土曜日


先頭に戻る